KIMONO TIPS

引振袖について

「引振袖って何?」「どうやって選べばいいのか分からない」
「どうやって着るのが正解?」といった疑問はありませんか?

このコンテンツでは、引振袖を検討される時にぜひ知って頂きたい情報をまとめました!
引振袖に関する基本的な知識から、引振袖を選ぶメリットまでご紹介します。
お気に入りの衣装選びにお役立てください!

1

引振袖ってなに?

引振袖とは、名前の通り振袖の一種です。
振袖といえば、成人式を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
そもそも、振袖とは未婚女性の正装です。
その中でも長い裾が特徴的な物を『引振袖(ひきふりそで)』と呼び
伝統的な花嫁衣装として親しまれています。

特に、引振袖を婚礼で着る場合、振袖を着る最後のチャンス(未婚最後のタイミング!)として根強い人気があります。

2

引振袖と色打掛の違い

弊社サイトの衣装ページにも掲載しておりますが、基本的にフォトウェディングのお着物は「白無垢」「色打掛」「引振袖」の3種類。
その中でも「色打掛」「引振袖」は、どちらも鮮やかな色遣いなので、何が違うの?と思われる方も多いと思います。

2つの装いの主な違いは、着用する着物の枚数と帯です。

引振袖は色打掛のように上に羽織る必要がないので、気温が高い時期などは引振袖の方が暑さを感じにくくなっています。

次に、帯の違い。
色打掛は、帯の上から打掛を羽織るので、後ろからは帯が見えません。
でも引振袖は、打掛を羽織らないので帯が隠れません。
その為、後ろ姿を意識したボリュームのある帯結びを楽しむことができます。

  • 後ろ姿で一目瞭然の帯!
    引振袖はより華やかな帯結びでコーディネートを楽しめます。

  • 着物の枚数

    色打掛は、掛下+打掛の組み合わせですが、引振袖は振袖のみ。
    その為、全体的なシルエットも少し違います。

  • おからあげ(裾)

    引振袖の最大の特徴である"長い裾"はとってもエレガント。
    より上品な風格の着こなしができます。

3

引振袖を選ぶメリット

引振袖を選ぶメリットは
1 衣装の総重量か軽くて動きやすい
2 色打掛に比べて着膨れ感が少なくすっきりとした印象
3 帯が目立つので、後ろ姿の撮影も充実のバリエーション。
などが挙げられます。

特に、1の衣装の軽さは体感温度にも大変影響します。
ちょっと汗ばむ季節や、お天気の良い日のロケーション撮影など
少しでも涼しく快適に撮影するなら断然引振袖がおすすめです!

4

コーディネートギャラリー

堺 衣装ページ 引振袖一覧へ

長堀橋 衣装ページ 引振袖一覧へ